jEditを使おう


ちょっとあやしいすくりーんしょっと

jEdit sreen shop

目次のようなもの

jEditってなに?

jEditっていうのは、Javaでできたテキストエディタです。 ただのテキストエディタとしての機能だけでなく、 programing languageやmarkup languageを書きやすくするための 機能がたくさん付いています。 得にJavaやXML/HTMLに関しては、Pluginも豊富で、 あなたのテキストエディタライフを素晴らしい物にするでしょう。

その他の特徴としては、、、

いんすとーる

とりあえず、ここからダウンロードです。

jEdit - Open Source programmer's text editor

ダウンロードするのはJava-based installerというのでいいでしょう。 なお、JREがいるのは言うまでもないんですが、 まさか、まだいれていないっことはないですよね。 ダウンロードしたら、それをダブルクリックしてください。 もし、何も起きなかった場合は、あなたのパソコンが壊れています。 新しいパソコンを買いましょう。 それは冗談ですが、JREがありませんね。 面倒なので、説明しませんが、JREって奴を手に入れてください。 jEditのページにもJREの入手方法が載っています。 英語がわからないとかいう人は、ここで諦めましょう。 別に英語が出来なくても、生きていけますからね。

うまくインストーラが起動したでしょうか? 後は適当にyesを押し続けていれば、インストール完了です。 デスクトップにアイコンが作成されていますので、 それで起動してください。

かすたまいず

とりあえずメニューぐらい日本語で使いたいという我が儘な人のために、 ある程度日本語化するpropertiesを用意しました。

jEdit用日本語化プロパティー

使い方は付属のreadme.txtに書いてあります。 tgz形式のファイルの展開の仕方は自分で調べてください。

Swingでの日本語フォントはboldにするとかなりださくなって、 読みにくくなります。 そこで、Global Optionsを色々いじくりまわして、 boldではないものを使いましょう。 自分が見やすい物が一番なので、色々試してみてください。

次にPluginを色々インストールしましょう。 Java関係が多いですが、自分が必要なものをインストールすれば十分です。 Plugin -> Plugin Managerからダウンロード及びインストール出来ます。

後はHelpを見ながら色んな事を試してみてください。 ただ、Helpは全て英語ですが…。

つかいこなす

まだ、使いこなせてないッス…。

さいごに

起動が重い事と日本語周りが怪しいことをのぞけば、 フリーエディタではトップレベルと思われます。 なお、マック用テキストエディタにJeditと言うのがあるらしいですが、 それとは全く無関係みたいです。


raccy